季節のおしらせ


現在お知らせする内容はございません。

ほけんだより


とびひ 
虫に刺されたあと、かかないように!
蚊やブヨに刺されたときは、刺された箇所をきれいに洗い、薬を塗ります。
我慢できずにかいてしまうと「とびひ」になることがあるので気をつけましょう。
 

万一とびひにかかったら・・・

とびひの正式な名前は、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」。虫刺されやあせもをかいたり、ケガをした小さな傷口から黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌などの細菌が入って感染します。水ぶくれが あっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が「飛び火」して広がることに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。感染する細菌は健康な人の皮膚にいる常在菌ですが、とびひになると原因となる細菌を抗菌薬で退治する必要があります。爪を短く切り、手洗いをして清潔に保ちましょう。また、細菌が多くいる鼻の中をいじったりしないようにしましょう。もともと皮膚が弱い人は とびひ になりやすいので、保湿などのスキンケアも大切です。万一 とびひにかかったかなと思ったら、重症化しないうちに医療機関を受診しましょう。

おねがい


現在お知らせする内容はございません。

ご報告


現在お知らせする内容はございません。